赤萩瞳

 

 

2020年6月13日(土)のテレビ朝日の番組『激レアさんを連れてきた。』にegg(エッグ)の編集長である、赤荻瞳さんが出演しました。

 

eggはギャル系のファッション雑誌で最大発行部数約50万部を誇る程の人気ぶりでしたが、2014年6月に休刊することになりました。

 

理由は、いわゆる大人の都合というやつで、アパレルやSNS系といった大手会社が上にあり、モデルが振り回されリアルが伝えられなくなったためです。

 

そして約4年の月日を経て2018年3月にWEB上限定で復活し、2019年5月1日に復刊1号が発売されました。

 

このegg復活の立役者となったのが、現egg編集長である赤荻瞳さんです。

 

今回は、そんな赤荻瞳さんについて、また彼女のギャル時代の画像も合わせてご紹介致します!

 

egg編集長・赤荻瞳のプロフィール

赤萩瞳

 

〇本名:赤荻瞳(あかおぎひとみ)

〇生年月日:1996年9月6日

〇年齢:23(2020年6月13日現時点)

〇出身地:埼玉県

〇職業:エムアールエー社長・egg編集長

 

赤荻瞳さんがギャル文化に興味を持ち始めたのは小学生の頃からでした。

 

eggの全盛期は1990年代後半で、当時まだ彼女は幼かったですが、この時から既に筋金入りのeggファンだったそうです。

 

そんな彼女やその友達は、PTAの方たちから『ギャル軍団』と呼ばれていたそうです。(笑)

 

赤萩瞳

 

 

埼玉の田舎の出身だったので、周囲からはかなり浮いていたそうです。

 

それでも彼女はeggを愛読し続け、高校生になると渋谷のギャルサーに入りました。

 

本当にギャルが好きで好きでたまらなかったのが伝わってきますね!

 

 

ですが、彼女が高校2年生(2014年)の時、eggは惜しまれつつも休刊になってしまいました。

 

彼女は【青春が終わった!!】と思ったほどのショックを受けたそうです。

 

その後、ギャルサーのつてで広告代理店に就職します。

 

そこで、egg復活の話があがり、彼女が編集長に名乗り出たのだそうです。

 

そして現在に至るまで彼女はeggの編集長として若者に夢を与え続けているのです。

 

 

今度は自分が夢を与える側になるなんて、素晴らしいことですね!

【激レアさん】赤荻瞳がかわいい・かっこいい!

そんな赤荻瞳さんのかわいい・かっこいい画像をいくつかご紹介致します!

 

赤萩瞳 赤萩瞳

赤荻瞳

赤荻瞳 赤荻瞳 赤荻瞳

 

23歳という若さで編集長を務めているだけあって、かっこいいですよね!

 

また20女性が持つ可愛らしさみたいなものも画像から感じ取れますね!

 

【激レアさん】赤荻瞳のギャル時代の画像

続いて、彼女がギャルだった頃の写真をご紹介致します!※ギャルぽい物も込みです。

 

赤荻瞳

赤荻瞳 赤荻瞳 赤荻瞳 赤荻瞳

 

最後の画像はすごいですね!

 

今はこういったギャルは見かけなくなりましたが、当時はこういったファッション・メイクのギャルは渋谷にたくさんいましたね。

 

全体的に見ても、今の方が少し落ち着いた印象があります。

 

編集長や社長という肩書があるので、少しお堅い感じに変えたのかもしれませんね!

 

まとめ

ということで今回は、egg編集長である赤荻瞳さんをご紹介致しました!

 

20代前半で編集長を務める彼女のギャルに対する思いはすごいですね。

 

彼女は、若者にもっと夢を与えていきたいとおっしゃっていましたので、これからもっとギャル文化が時代に合わせた形で広まるかもしれませんね。