岩岡洋志

 

 

2020年7月25日(土)、テレビ朝日で夜10時10分から放送の『激レアさんを連れてきた。』に『ラーメン博物館』創業者の岩岡洋志さんが出演しました。

 

ラーメンに全く興味が無かったのにも関わらず、ラーメン博物館を作ってしまったという面白い方です。

 

実は、彼はその昔ラグビー選手として活躍していました。

 

そこで今回は、ラグビーをやっていた頃の彼と、実は有名人なお姉さんについてご紹介致します!

 

岩岡洋志のプロフィール

岩岡洋志

 

〇本名:岩岡洋志(いわおか ようじ)

〇生年月日:1959年6月11日

〇年齢:61歳(2020年7月25日現時点)

〇出身:神奈川県横浜市港北区篠原町

〇学歴:神奈川県立港北高等学校⇨青山学院大学・経済学専攻

〇職業:株式会社新横浜ラーメン博物館取締役

 

岩岡洋二さんは、新横浜ラーメン博物館の創業者である社長です。

 

彼は1959年6月11日に、横浜で生まれました。

 

特に問題もなく成長し、1982年には『大倉博進(※今は新生紙パルプ商事)』に入社。

 

1985年6月には、同会社を退社し、父親の会社である興新ビルに入社します。

 

そして1993年8月に『株式会社新横浜ラーメン博物館』を設立し代表取締役に就任します。

 

1994年3月6日には、全国各地のご当地ラーメンを1箇所に集めた世界初のラーメン博物館、『新横浜ラーメン博物館』をオープンします。

 

新横浜ラーメン博物館

 

全国のフードテーマパークの先駆けとなりました。

 

2008年9月3日には、新横浜ラントラクトを設立

 

人口の山や滝の中に飲食店を置いた施設となっていて、人気のスポットとなっています。

 

新横浜ラントラクト

 

こちらもどうぞ👇

 

【激レアさん】村中社長のラーメン屋『すみれ』の場所は横浜のどこ?通販でお取り寄せも可能!【地図】

 

【画像】実は元ラグビー選手だった!?

岩岡洋志さんは、実は青山学院大学時代は、ラグビー部に所属していました。

 

 

最初の方はレギュラーに選ばれなかったため、目だった活躍はありませんでした。

 

ですが、3年目にレギュラーの座を獲得し、14番ウイング(WTB)として活躍しました。

 

この時のレギュラー獲得に至るまでの苦労が、ラーメン博物館オープン時の困難を克服する糧になったのだそうです。

 

姉は有名女優の五代路子!?

これはあまり知られていないのですが、実は岩岡洋志さんのお姉さんは女優の五代路子(ごだいみちこ)さんなのです。

 

五代路子

 

五代路子さんは、NHKの連続テレビ小説『いちばん星』の主役でドラマデビューを果たしている女優さんです。

 

ちなみに、2006年の映画『デスノート』にも出演しています。

 

また、旦那さんは大物俳優の大和田伸也(おおわだしんや)さんです。

 

大和田伸也

 

つまり、姉弟そろってメチャクチャすごい人たちなのです!

 

やはり親が社長を務めていると、子どもたちにも影響があるのでしょうね。

 

まとめ

ということで今回は、『激レアさんを連れてきた』に出演したラーメン博物館の創設者であり社長の岩岡洋志さんについてご紹介致しました!

 

世界初のラーメン博物館の創設者でありながら、姉もNHKドラマ主演女優、またその旦那さんは超大物俳優の大和田伸也さんと、家族そろってビックな方です。

 

彼がいなければ、今は当たり前のようにあるフードテーマパークは無かったかもしれません。

 

どんな分野であれ、『初めて』を作った人は本当に偉大で素晴らしいですね!

 

こちらもどうぞ👇

【激レアさん】村中社長のラーメン屋『すみれ』の場所は横浜のどこ?通販でお取り寄せも可能!【地図】