藤井聡太

2020年7月16日(木)、藤井聡太さんが大阪市内で行われた棋聖戦で渡辺明さんに勝利し、初タイトルを獲得しました。

 

17歳11ヶ月でのタイトル獲得は、史上最年少記録です。

 

凄まじい勢いで高みに上っていく藤井さんですが、ネット上では歯が気になるという声が多数上がっています。

 

そこで今回は、彼が歯列矯正していた過去や、歯が白くなっている原因についてご紹介致します!

 

藤井聡太の歯並びが悪い・汚い?

藤井聡太さんの歯並びが気になるという声が多数挙がっています。

 

 

 

 

彼の将棋の強さは素晴らしいものですし、私も彼の将棋が大好きです。

 

ただ、どうしても歯が気になってしまうという人も多くいました。

 

2020年7月の時点での彼の歯がこちらです。👇

 

藤井聡太

藤井聡太

 

ちょっと気になりますよね。

 

【歯列矯正すればいいのに】という声も挙がっていますが、実は彼は昔、歯列矯正をしていました。

 

実は歯列矯正をしていた!

藤井聡太さんは、過去に歯列矯正を行っています。

 

藤井聡太

藤井聡太

 

これは中学生くらいの時ですね。

 

本人が気にしていたのか、はたまた親に勧められたのかは分かりませんが、この画像の通り、歯列矯正は過去にやっています。

 

この時は、効果が出ているのか歯並びは結構きれいですね!

 

ですが、現在は外してしまっているのか歯並びがまた悪くなっています。

 

では、彼はどうして歯列矯正を止めてしまったのでしょうか?

歯列矯正を止めた理由は将棋が出来なくなるから!?

藤井聡太さんが歯列矯正を止めてしまった理由、それは将棋が出来なくなるからではないかと思われます。

 

これは人によるのですが、歯列矯正はかなりの痛みを伴う場合があります。

 

この痛みのせいで将棋に集中できなくなってしまったのが原因の可能性が高いです。※推測です。

 

Twitterで歯列矯正している方のリアルな声を一部ご紹介致します。

 

 

 

 

まともに食べ物を噛むことができない方、歯茎に触れるだけでも痛む方もいるほどです。

 

将棋は対局によっては、数時間かかる場合もあります。

 

歯の激痛に耐えながらそんな長い時間対局できますでしょうか?

 

絶対に無理とまでは言いませんが、かなり難しいでしょう。

 

ですので、彼は歯列矯正を止めてしまったのではないでしょうか?

 

歯が白い原因は【ホワイトスポット】

彼の歯を見ていて気になるのが、白い部分ですね。

 

この部分です。👇

 

藤井聡太

 

歯が綺麗に白いのではなく、一部がまるで石灰化してしまったかのように変色しています。

 

このようになってしまった歯のことを、『ホワイトスポット』と呼びます。

 

何やらカッコいい名前ですが、実際は結構やっかいなものです。

 

 

ホワイトスポットができてしまう原因は、歯のエナメル質にあります。

 

白いチョークで書いたように見える歯の表面の白い斑点は、専門用語ではホワイトスポットと呼ばれています 。

ホワイトスポットには、歯の表面のエナメル質が酸性になることによって、エナメル質のカルシウム成分が少なくなり、脱灰という虫歯の初期症状を起こして、白濁してしまうものと、エナメル質形成不全という歯ができる時に起こる白濁の2種類に分類されます。

※ドクター天野の歯科治療室より引用※

 

エナメル質のカルシウム成分が少なる原因の代表は、単純にビタミン不足です。

 

よって、好き嫌いが多い子どもなどはホワイトスポットが出来やすいです。

 

また、フッ素を長期に渡って使用しいていた場合も同様ですし、中には生まれつきの体質による場合もあります。

 

このホワイトスポットは治療して目立たなくさせることが可能ですので、藤井さんもやれらたらよいかもしれません。

まとめ

ということで今回は、藤井聡太さんの歯や歯並びについてご紹介致しました!

 

ちょっと気にはなりますが治療することは可能ですので、多分お金もあるでしょうし、早めに治療した方がよろしいかと思います。

 

これからもさらに活躍して、メディアに露出する機会も増えるでしょうし、なおさらですね。

 

それに、歯って先延ばしにすればするほど、後悔することになりますので、彼はまだ若いですし是非とも治してほしいです!

 

彼の今後の活躍にも大いに期待しております!