松山晃文

 

 

2020年8月4日(火)、大阪府知事の吉村洋文さんが【ポビドンヨード入りのイソジンうがい薬が、コロナ重症化よ抑制できる可能性がある】と発言しました。

 

その結果、直ぐに全国のドラッグストアではイソジンうがい薬は売り切れ、メルカリ等では転売が相次いでいます。※違法です。

 

実際に効果があるのかどうかは、良く分かりませんが、この研究結果を発表した『松山晃文』さんとは一体どんな方なのでしょうか?

 

今回は、府立病院機構の次世代創薬センター長である松山先生をご紹介致します!

 

イソジンうがい薬は危険!?甲状腺機能低下や様々な障害を引き起こす!!【コロナウイルス抑制】

 

府立病院機構の次世代創薬センター長『松山晃文』とは?

松山晃文

 

〇本名:松山晃文(まつやま あきふみ)

〇所属:府立病院機構の次世代創薬センター長

 

この方について色々調べてみましたが、ほとんど情報がありませんでした。

 

wikiすらない状態です。

 

ですので、現段階で分かることだけご紹介致します!

 

 

松山先生は、再生医学・再生医療の分野で有名な先生です。

 

また、胸部外科学・脳神経外科・小児科学などの研究をしています。

 

つい最近まで愛知県名古屋市豊明市にある、藤田医科大学医学部の教授を務めていました。

 

藤田医科大学

 

2020年8月現在は、大阪府立病院機構で新型コロナウイルスの研究を行っています。

 

吉村知事に情報を送っているのも、恐らく彼であると思われます。

 

イソジンうがい薬がコロナに効くというのは本当!?

イソジンがコロナに効くという、なんとも信じがたいお話ですが、まずは今回の吉村知事の会見をご覧ください。

 

 

どうやらコロナに効くというよりも、イソジンうがい薬が口内の唾液の中のコロナウイルスが減り、人に移りにくくなり、結果的に感染を防げるといった内容の様です。

 

確かに、何もしないよりは効果がありそうな気もします。

 

また、それを証明できる研究結果も出ております。👇

 

ことし6月から先月にかけて宿泊施設で療養していた軽症や無症状の患者、40人余りを対象に、殺菌効果のあるポビドンヨードが含まれたうがい薬で、1日に4回、うがいをしてもらったところ、そのほかの患者よりも唾液の中のウイルスが減ったということです。

具体的には、うがいをした患者は4日目に唾液のPCR検査の陽性率が9%ほどになったのに対し、うがいをしなかった患者は陽性率が40%だったということです。
このため大阪府は、軽症や無症状の患者を対象に1000人規模の研究を進め、うがいの効果を検証したいとしています。

※NHK NEWS WEBより引用※

 

イソジンうがい薬を使った方が、陽性率が圧倒的に低かったという研究結果ですね。

 

ただ、感染を抑制する効果があるかどうかは、実は今のところ分かっていません。

 

松山晃文・同センター次世代創薬創生センター長は「うがいが唾液中のウイルスを減らす可能性がある」と述べたが、他人への感染抑制の実証については「これから」とした。体内にあるウイルスとの関係も不明だといい、検証が必要との考えを示した。

※毎日新聞より引用※

つまり、まだ確かなことは言えない状態にも関わらず、会見を開いたということになります。

 

それには、吉村知事のある思いがあったためです。

 

 

少しでも早く感染者を減らすために、できることは全てやってしまおうというのが彼の意見です。

 

少なくとも、唾液中のコロナに関しては減っているということですので、これだけでも意味があると彼は思ったのでしょう。

 

これに関しては賛否両論ありますが、未知のウイルス相手に何が正解かも分からない状態ですので、これくらいの勢いも必要ななのかもしれませんね。

 

まとめ

ということで今回は、イソジンうがい薬がコロナに効くという研究結果を出した松山晃文先生をご紹介致しました!

 

情報が少なくて申し訳ありません。

 

新たに何か分かりましたら追記致します。

 

果たして本当に効果があるのでしょうか、一応は期待しております。

 

関連記事👇

 

イソジンうがい薬は危険!?甲状腺機能低下や様々な障害を引き起こす!!【コロナウイルス抑制】