ネオワイズ彗星

 

 

2020年7月、『ネオワイズ彗星』を日本中で見ることができると話題になっています。

 

ネオワイズ彗星とは、2020年3月28日にNASA(ナサ)の赤外線探査衛星『NEOWISE(ネオワイズ)』が発見したことから、ネオワイズ彗星と名付けられました。

 

いわゆるほうき星というやつで、綺麗な尾びれが付いているのが特徴です。

 

日本で見れるのは7月いっぱいまでで、これを逃したら6800年は地球から見れないそうです。

 

つまりこれを逃すと一生見ることはできません。

 

そこで今回は、ネオワイズ彗星を東京から見る方法をご紹介致します!

 

ネオワイズ彗星を東京・大阪から見る方法!いつどこの方角から?

ネオワイズ彗星

 

ネオワイズ彗星の明るさは、7月8日の時点では、1~2等級程で観測されています。

 

ですがここからどんどん暗くなっていき、最終的には見えなくなってしまいます。

 

 

見れるのは7月いっぱいまででしょう。

 

また場所や時期によっては、双眼鏡や望遠鏡が必須になる場合もありますので、絶対に何が何でも見たい方は、予め用意しておきましょう!

 

双眼鏡 超小型 軽量 手のひら サイズ オペラグラス 極小 コンパクト 6倍ズーム コンサート オリンピック 鑑賞 スポーツ 観戦 観劇 映画館 クローズアップ 講演会 ライブ コンサート ミュージカル 望遠 車 ナンバー 確認 超小型双眼鏡 BINO2(双眼鏡) RS-BI-7973

価格:2,480円
(2020/7/16 18:42時点)
感想(0件)

Kenko ミラージュ 7x50DS 双眼鏡 星雲や彗星観測に最適な明るく視野が広い50mm口径広角7倍双眼鏡[02P05Nov16]

価格:7,313円
(2020/7/16 18:42時点)
感想(0件)

ビクセン(Vixen) 星座観察専用双眼鏡 SG2x40f 19174

価格:15,400円
(2020/7/16 18:42時点)
感想(0件)

 

天体望遠鏡 子供 初心者 「天体望遠鏡&スマホ撮影用アダプターセット」 TL-750-Z TL750Z アクロマート (MIZAR/ミザール) (ラッピング不可)

価格:16,500円
(2020/7/16 18:54時点)
感想(0件)

東京から見る方法

東京

 

ネオワイズ彗星は東京でも見ることができます。

 

しかしながら、彗星というのはそもそもハッキリと見えるものではなく、うっすらと淡く見えるものです。

 

なので、都心の方や明るい場所では見ることが難しいです。(※不可能ではありません)

 

見る場合は、そういった場所は極力避けた方がよろしいかと思われます。

 

今回は、7月20日から5日毎に分けて、見える時間帯や方角についてご説明致します!

 

7月20日に見る場合※日没1時間後

・方角:北西

・高度:約20度

・明るさ:3等

・尾の方向:右上側

 

7月20日時点では3等とまだけっこう明るいです。

 

相当明かりが強いところでもなければ肉眼でも見えるかもしれません。

 

ただ、確実に見たいのであればやはり望遠鏡は用意した方がいいでしょう。

 

望遠鏡で確認した後なら、肉眼でも見えたりしますよ!

 

※20日より前なら夕方頃でも北東から見れると思います。

7月25日に見る場合※日没1時間後

・方角:西北西

・高度:約30度

・明るさ:4等

・尾の方向:上側

7月25日の時点だと、既に4等まで明るさが落ちています。

 

目が相当良い人なら見えるかもしれませんが、なるべく空気が汚れていないような澄んだ場所で見た方がいいと思います。

 

双眼鏡も用意しておきましょう!

7月30日に見る場合※日没1時間後

・方角:北西

・高度:約36度

・明るさ:5等

・尾の方向:上側

 

7月30日の時点で星の明るさは5等と、かなり暗くなってしまいます。

 

この状態だと、肉眼で確認するのは、絶対に不可能とまでは言いませんが、まず無理でしょう。

 

ですので、なるべくなら7月25日までに見ていただきたいのですが、都合上どうしてもこの日になってしまう場合は、双眼鏡は絶対に用意してください!

 

東京で星を見るのにおすすめの場所6選

東京からネオワイズ彗星を見るために、おすすめの場所を6つご紹介致します!

 

高尾山(たかおさん)

高尾山

 

高尾山は、八王子市にある人気の山ですね。

 

外国人旅行客に人気で、毎年かなりの観光客が訪れます。

 

ここは東京都でありながら、自然の多い八王子市のさらに標高の高い山になりますので、ネオワイズ彗星を見るにはピッタリの場所です!

奥多摩湖(おくたまこ)

奥多摩湖

 

続いては、奥多摩湖です。

 

奥多摩は鍾乳洞や温泉、釣りなどで有名な場所で、とにかく山しかありません。

 

見渡す限りの緑で、人口物もかなり少ないです。

 

よって空気もかなり澄んでいますので、ネオワイズ彗星もはっきりと見ることができるかと思われます。


 

武蔵野の森公園(むさしののもりこうえん)

武蔵野の森公園

 

武蔵野の森公園は、府中市にある公園です。

 

府中市はけっこう栄えていますので、町中では明かるくて彗星が見えない可能性が高いです。

 

ですが、こちらの公園はとにかく面積が大きくて、テニスコート、サッカー場、野球場、ラグビー場まであるくらいです。

 

ここなら町の明かりに邪魔されずに、ネオワイズ彗星を見ることができます!

夢の島公園(ゆめのしまこうえん)

夢の島公園

 

夢の島公演は、江東区にあるとてつもなくデカい公園です。

 

その面積は、東京ドーム9個分ほどで、東京都でも屈指の大きさを誇っています。

 

立地も海のすぐ側ですので、邪魔な人工物もありません。

 

ここならネオワイズ彗星を確認することができるかと思います!

善福寺川緑地(ぜんぷくじかわりょくち)

善福寺川緑地

 

善福寺川緑地は、杉並区にある緑地です。

 

ここは桜の名所で知られていて、春はお花見で賑わっています。

 

杉並区といえば、かなりの建物がぎゅうぎゅうにひしめき合っていて、正直なところ空気も澄んでいるとはとてもいえないようなところです。

 

ですが、この緑地なら、周りに余計なものもありませんので、ネオワイズ彗星を見ることができるかと思います!

 

砧公園(きぬたこうえん)

砧公園

 

最後は砧公園です。

 

こちらの公園は、世田谷区にありましてその面積は東京ドームの8倍です。

 

世田谷区もかなり賑わっている場所で、空気も澄んではいませんし、明かりもたくさんあるでしょう。

 

ですが、この公園の中なら邪魔になるものがないので、ネオワイズ彗星を確認することができるかもしれません!

 

まとめ

ということで今回は、ネオワイズ彗星を東京で見る方法をご紹介致しました!

 

肉眼でも見ることはできますが、確実に見るために双眼鏡や望遠鏡を用意しておきましょう!

 

また、しっかりとネオワイズ彗星を見るために、場所も入念に調べておきましょう。

 

7月は梅雨の時期でもありますので、天気が悪い日も多いです。

 

そういった意味ではちょっとタイミングが悪いかもしれませんが、これを逃したら一生見ることができませんので、なんとか時間を作ってぜひその目で見てください!