ps5

 

 

2020年11月12日、PS(プレイステーション)シリーズの最新作、PS5が発売されることが公式に決定しました。

 

予約は2020年9月18日から可能で、早速注文が殺到しているとのことです。

 

ただ、PS5は2つの種類があり、価格には1万円の違いがあります。

 

では、この2つには一体どんな差があるのでしょうか?

 

PS5の価格の違いはディスクドライブの有無!!猿でも分かりやすく説明!

ps5

 

PS5には、通常モデルとデジタルエディションという2つの種類があり、通常版は49,980円、デジタルエディションの方は39,980円と1万円安いです。

 

この違いですが、理由はディスクドライブの有無にあります。

 

ディスクドライブとは、簡単に説明すると『ゲームディスクを入れるところ』です。

 

PS4だとここです。👇

 

ps4

 

pspシリーズだとここです。👇

 

psp

 

これが無いのが、デジタルエディションです。

 

ゲームディスクを『ウィ~~ン』と挿入する箇所が無いのです。

 

それ以外の機能については、差がありません。

 

PS5通常モデル

〇価格:49,980円

〇重さ:4.5kg

〇高さ:104mm

〇幅:390mm

〇奥行:260mm

〇ディスクドライブ:光学ディスクドライブ搭載

PS5・デジタルエディション

〇価格:39,980円

〇重さ:3.9kg

〇高さ:92mm

〇幅:390mm

〇奥行:260mm

〇ディスクドライブ:無し

 

 

高さがデジタルエディション方が若干ではありますが低く、重さも0.6kg程軽いです。

 

ちなみに、この高さですが横にした時の高さです。

 

ps5

 

幅390mm(39cm)、奥行き260mm(26cm)というのは、大体以下の画像くらいです。👇

 

弁当

 

このお弁当が、幅390mmで、奥行きが270mmですので、PS5とほぼ一緒です。

ディスクドライブが無かったらどうやって遊ぶの?

ps5

 

通常版より1万円安いデジタルエディション版にディスクドライブが無いことはお分かりいただけたかと思います。

 

ですが、となると【ディスクないのにどうやってゲームをやるの??】という疑問が浮かびますね。

 

それですが、デジタルエディションの場合は、ゲームは全て『ダウンロード版』をプレイすることになります。

 

プレイステーションには、PSstore(プレイステーションストア)というものがあります。👇

 

psstore

 

ここでは、最新ゲームの体験版や、ディスク無しのデータ版を購入・ダウンロードすることができます。

 

ディスクがあると、場所を取られますし、もしかして何かの拍子に壊してしまうかもしれません。

 

そんな悩みを解消したのが、このデータ版です。

 

デジタルエディションの場合は、ゲームのデータを購入しダウンロードしてプレイします。

 

ダウンロードしたゲームは、ディスクが無い分安いですよ!

 

購入するならどっちがいいの?

ps5

 

では、結局のところ通常版とデジタルエディション、どっちを買えばいいのか?という話ですが、これは何に重きを置くかによって変わります。

 

例えば、通常版には光学ディスクドライブが搭載されており、Blu-rayディスクも使用できますし、なんと驚きの4Kにも対応しています。

 

同レベルのレコーダーを購入するとしたら、2万円くらいはしてしまうので、そう考えるとゲームもできるPS5はお得ですね。

 

逆に、ただゲームをすることだけが目的で、なおかつ自宅の場所も取りたくないし、お金もあまり出したくない方は、デジタルエディションをおすすめします!

 

まとめ

ということで今回は、PS5の価格の違いについてご紹介致しました!

 

通常版が49,980円でデジタルエディション版は39,980円と1万円の差がありますが、その違いはディスクドライブがあるか無いかです。

 

ディスクドライブが搭載されていない、デジタルエディション版は、ゲームをプレイする場合は全てダウンロードしたソフトのみとなります。

 

ただ、通常版は4Kの高画質にも対応していますので、用途によってどちらを購入するかを決めましょう!