となりのトトロ

 

 

スタジオジブリの名作『となりのトトロ』。

 

日本人で知らない人なんてほぼいないと言っても過言ではないくらいの作品ですが、実は正規の続編があったのをご存知でしょうk?

 

その名も『メイとこねこバス』です。

 

今回は、この作品についてサラッとご紹介致します!

 

となりのトトロの続編!?メイとこねこバス!

 

メイとこねこバスは、スタジオジブリ制作の14分の短編アニメーション映画です。

 

三鷹の森ジブリ美術館にて2002年に公開されました。

 

トトロの続編というよりは、番外編と言った方が正しい作品ですね。

 

あらすじは以下の通りです。👇

 

主人公のメイはある日、自宅の庭で、生き物のように振舞う不思議なつむじ風に遭遇する。メイは慌てて部屋に避難するが、つむじ風も部屋の中に入ってきてしまう。好奇心旺盛なメイはそのつむじ風を部屋の中に閉じ込める事に成功する。つむじ風の正体は、親からはぐれたこねこバスだった。メイはこねこバスに自分のキャラメルをあたえ、二人は友達となる。その夜、眠りについたメイをこねこバスが迎えに来る。メイはこねこバスに乗り、夜の空中散歩を楽しむ。やがてトトロたちを乗せた大小様々なネコバス達と共に鎮守の森に到着する。森の奥にはトトロやススワタリなど多くのもののけたちが集まっていた…。

※ウィキペディアより引用※

 

DVDやBDもなく、見るのであれば三鷹の森ジブリ美術館に行く必要があります。

 

ここの地下1階の映像展示室『土星座』にて定期的に放映されています。

 

ぜひ一度ご覧ください!

 

【エントリーで全品ポイント10倍!(8月18日09:59まで)】【中古】パンフレット(アニメ・特撮) パンフレット めいとこねこバス ジブリの森のえいが 【中古】afb

価格:1,000円
(2020/8/14 23:23時点)
感想(0件)

 

 

関連記事👇

 

となりのトトロは狭山事件がモデル!?6つの共通点とは?【都市伝説】