ドラえもん

 

 

2020年10月1日(木)、声優の富田耕生(とみたこうせい)さん(84歳)が脳卒中で亡くなりました。

 

これまで天才バカボンのパパや、名探偵ホームズのワトソン等の声優を務めました。

 

そんな彼ですが、実はドラえもんの声を担当していた時期もあります。

 

それが初代ドラえもんです。

 

初代は大山のぶ代さんだと思われている方が多いと思いますが、実は彼なのです。

【動画】富田耕生が声優の初代ドラえもんがダンディー!?

ドラえもん

 

富田耕生さんがドラえもんの声を担当していたのは、1973年の日本テレビ版ドラえもんです。

 

現在のドラえもんはテレビ朝日にて放送されていましたが、当時は日本テレビでした。

 

その時の動画がこちらになります。

 

 

 

歌もあります。

 

 

いかがでしょうか?

 

かなり渋いダンディーな感じの声ですよね。

 

今のドラえもんに慣れてしまっている方は驚いたかと思います。

 

この時代のドラえもんはあまり人気が無かったようで長くは続かなかったようです。

 

【動画】野沢雅子もドラえもんの声優だった!?

野沢雅子

 

実は、あの孫悟空でお馴染みの野沢雅子さんもドラえもんの声を担当していた時期があります。

 

時代は富田さんと同じく1973年、2代目の声を担当したのが野沢さんです。

 

当時のCMがあるので、ご覧ください。👇

 

 

一瞬だけだと悟空のイメージのせいか、野沢さんの声か分かりませんね。

 

野沢さんってこんな可愛い声も出せたんですね。

 

流石ベテラン声優さんです。

 

そして、OPとEDです。

 

 

何とも哀愁漂う昭和感、私は意外と好きです。

 

なんかこの頃のドラえもんも、今とは違った味があるタッチで見ていて面白いですよ。

 

漫画の方のドラえもんに近いかもしれません。

 

富田耕生の代表作一覧

富田耕生

 

富田さんは、1963年~2017年まで約54年間もの間に渡って声優として活躍し続けました。

 

流石にその全てをご紹介すると多すぎるので、代表作をいくつかご紹介致します。※私の中で厳選しています。

平成天才バカボン・パパ役

バカボン

 

最初にご紹介するのは、天才バカボンです。

 

といっても、こちらは1990年に放送開始した3作目となる『平成天才バカボン』です。

 

バカボン

 

これまでバカボンのパパを担当していた雨森雅司(あめのもりまさし)さんが亡くなったため、富田さんが担当しました。

 

1話がありますので、ご覧ください。👇

 

 

鉄人28号・大塚署長役

鉄人28号

 

続いては、1963年に放送開始した『鉄人28号』です。

 

ロボットアニメの金字塔とも言える作品ですが、こちらに登場する大塚署長の声を担当されています。

 

鉄人28号

 

こちらが鉄人28号の第1話です。👇

 

 

こういう古いアニメもたまに見ると面白いですよ。

魔法使いサリー・大魔王役

魔法使いサリー

 

最後にご紹介するのは、1966年に放送開始した『魔法使いサリー』です。

 

こちらの作品に登場する主人公サリーの祖父、大魔王の声を担当されています。

 

ちなみに、アニメのオリジナルキャラクターです。

 

まとめ

ということで今回は、富田耕生さんが演じた初代ドラえもんの声を動画でご紹介致しました!

 

今のドラえもんからは想像がつかないダンディーな声でしたね。

 

そして、2代目は野沢雅子さんと、レジェンド声優ばかりが出ていますね。

 

ちなみに、3作目からはお馴染み大山のぶ代さんが演じています。

 

その他にも、数々の国民的アニメに出演されている、本当にすごい声優さんでした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

※追記※

 

ドラえもんをまた見てみたくなった方は、よかったらどうぞ👇

【新品】ドラえもん (0-45巻 全巻) 全巻セット

価格:22,006円
(2020/10/1 19:04時点)
感想(40件)

 

【新品・あす楽対応】ドラえもん 全巻(1~45巻) 0巻セット / 藤子・F・不二雄

価格:22,006円
(2020/10/1 19:05時点)
感想(0件)